FC2ブログ

髪が傷んで纏まらない方へオススメのブロー方法 

2018, 07. 13 (Fri) 20:48


こちらはブリーチを3回やった後、カラーバターをし、更にわざとビビリになるようにハードな縮毛矯正をしたウィッグになります。


やはりブリーチを繰り返した髪に縮毛矯正すると、こんな感じのビビリ毛になり易いです

当店にビビリ毛でご相談にいらっしゃるお客様は、度重なる高明度のカラー毛に、定期的に施術される縮毛矯正でビビリになってしまった方が多いようです。

ビビリになると、櫛で梳かすことも困難な状態です。
無理矢理梳かすと、千切れてしまうこともあります。





濡れている時に梳かすと、こんなにビヨーンと伸びてしまいます。






少しでも扱い易くなるように、質感矯正をしてみました。
(ビビリ修正はしていません)

ビビリは治ってはいませんが、櫛通りは良くなったと思います。






傷んでいる髪は、乾いてしまってからいくらブローをしてもきちんとまとまりません!

なのでシャンプー後のタオルドライして濡れている状態の時に当店オススメのソーマオイルを手のひらに1滴つけた後良くのばして、毛先中心に傷んでいる部分につけてください。

その後一般のお客様はクルクルドライヤーで下の段から分け取り、根元の方から優しく毛先まで何度かブローしてみてください。

全体にブローし終わって、パサつくところがありましたら、更にソーマオイルを1滴つけてみてください。

こんな感じでブローすると、少しはボサボサも収まってまとまると思います!





表面のビビリが酷い部分はイマイチですが、他の部分は何とか収まったみたいです!






いつまでも傷んでいる部分を残すより、できるだけ悪い部分をカットしてなくすことが美髪への早道です!




何をやっても髪の傷みが治らなくてお困りの方は、まず何が原因でそうなったのかを探らなくてはいけません。

もしご自分の髪質のせいで仕方がないと諦めていらっしゃるようでしたら、是非一度相談してみてください。

少しでもお役に立てたらいいな…と思っています。
スポンサーサイト

髪の乾かし方で仕上がりが違うんです! 

2017, 12. 02 (Sat) 22:17

こんばんは

今日は髪の乾かし方ひとつで、仕上がりが全然違ってくるということをお伝えしたくて記事を書かせていただくことにしました




髪の流れやボリュームのコントロールがうまくいかない理由は、髪の乾かし方に問題がある可能性があります。

美容室で髪をセットした時はまとまっているのに、自宅に帰ってシャンプーした後は全く再現できないとお悩みのお客様も少なくはないのでしょうか?

特にスタイリングのし難い右サイドやうしろがハネちゃって、いつもイライラしちゃうそんなお客様のお悩みを少しでも解消できるように、ドライヤーでの乾かし方をご紹介させていただきます


当店ではクセ毛のお客様が非常に多く、70%位の方がクセ毛さんです。

特にクセ毛さんに気を付けて欲しいことは、自然乾燥は絶対にしちゃいけません

まずはシャンプー&トリートメントしたあといつまでもタオルやバスタオルを巻いて置くのはやめて、髪のキューティクルを守るために髪をゴシゴシ擦らずに、タオルでポンポンとドライすることが大切です





髪のボリュームと毛流れのコントロールの大敵である髪のクセは、濡れた髪が乾く過程で生じます。

ドライヤーのかけ方のコツですが、最初に頭部全体の根本付近をドライヤーを持っていない方の手で頭をなでるようにしながら、そこの部分にドライヤーの風を当てて乾かします。

生乾きからの雑菌の繁殖を抑えるためにも重要で、これはクセ毛さんじゃなくても皆さんちゃんとやってくださいね

根元の髪が大体乾いたら、手で髪を挟みながら根元の方から毛先へ向かってドライヤーの風を当てます。

キューティクルのウロコは根元から毛先へ向かう流れになっています。
毛先から根元への逆方向からドライヤーの風を当てるとウロコが立ち上がって、内部のコルテックスを覆わない部分が出てきてしまいます。
そしてキューティクルにきちんと覆われないコルテックスから水分が失われ、場合によってはタンパク質が傷つきます。

髪のクセは乾く過程で出ると言われていますが、コルテックスから部分的に水分が失われることでその部分はすぐ乾き、思わぬ部分でクセが出やすくなります。
「ドライヤーは根元から毛先」で風を当てるのを忘れないようにしましょう。

サラサラな髪を手に入れるためのポイントです

根元、前髪、表面、サイド、バックの順で乾かすとまとまると思います。




ショートヘアの場合

トップにボリュームがあると華やかに見えます。
また髪がペタッとしやすい人もボリュームには気をつけたいところです。

ボリュームを出す際に重要なポイントは、髪を根元から乾かして髪を立ち上げることです。
根元を乾かす際、完全に乾く直前にトップの髪を握って持ち上げた根元にドライヤーの風を送り込むとよいでしょう。

また、毛質がストレートでくせ毛風にしたいなら、片手でクシャっと手の中に軽く握ったまま、ドライヤーの熱風を送り込みましょう。




ボブ・ミディアムの場合

ボブやミディアムでは、毛先を内巻にすることが多いですね。
ドライヤーの風を当てる際は、後頭部の上部から風を当てましょう。
根元から毛先へ乾かすことで髪が顔のラインに寄り添うようにします。

巻いた感じでクセをつけるためには、まず側頭部の上部から下へと風を当て、毛先が完全に乾く前に毛先に移るようにします。
ブローが苦手な方はクルクルドライヤーで内巻きになるように乾かすと、手だけで乾かすよりも纏まるためおすすめです。




セミロング・ロングの場合

セミロングやロングでストレートに仕上げたい場合は、トップから毛先へのまっすぐな流れを意識しながら、頭頂部からドライヤーの風を当てます。

毛先を巻いたりパーマをかけている場合は、中間から毛先にかけて捻り、毛先を軽く手で包み込んで、その部分にドライヤーの風を当てると、いい感じのウェーブやカールがついたまま乾いてくれます。




寝癖やクセ毛を直すには、髪に水分量がある程度残った状態が必要です。

なのでドライヤーで乾かす前に乾ききってしまったら、また全体を濡らしてからドライヤーをかけないときちんと仕上げることはできませんので注意してください。


ドライヤーをかける前の濡れている状態には、ソーマオイルがオススメです
ソーマオイルを1滴つけてからドライヤーで乾かすと、仕上がりが全然違いますので、是非髪の傷みでお悩みの方はお試しください
201506262059493c6_2017120222172098c.jpg 2015062621000442d_20171202221718cf1.jpg
      左 ソーマオイル             右 ソーマオイルプレミアム

各100ml 4,500円(税別)



ソーマオイル しっとりタイプ

植物性バージンオイルと植物から抽出した肌・髪に優しい浸透剤、そして植物性CMCだけで構成した万能オイルです。

浸透性に優れているのでベタつきが無く、サラッとした仕上がりです。


細くて腰の無い髪にはハリを・・・
太くて硬い髪にはしなやかさを・・・


●縮毛矯正時の髪の質感が変わります
●パーマのエッジが変わります
●トリートメントメニュー拡大
●各施術の時間短縮
●サロンを高貴な香りで包みます

7種の精油と浸透剤で驚きの効果を実感できます。

髪に必要な7種の植物性精油のみで作られ、鉱物性の油は一切使用していません。


表面だけを覆うシリコンやポリマーなどの化学的なコーティングを作らずに、髪の内側にこだわりました。
今までセラミドなどで脂質や水分を補うトリートメントはありましたが、ソーマオイルでは初めて油分と脂質を効率的に内部に補給する事にアプローチ!
有効成分が内部にまで浸透し、髪が本来持つハリやしなやかさを再現します。


セレブに人気のホワイトムスクの香り。



7種の植物性精油

○オリーブ油:酸化されにくく、皮膚や毛髪を柔軟にするエモリメント効果
○ホホバ種子油:髪に柔軟性、光沢性を与え、サラッとした使用感でハリと潤いを与える
○ダイズオイル:エマルジョン効果
○シア脂:肌に対するなじみが良く、保湿、紫外線防止、皮膚の保護作用
○メドウフォーム油:使用した感触が滑らかで、シットリしたリッチ感を与えるために、スキンケア商品によく使用されています。
保水膜をつくり、水分の蒸発を防ぎます。
○ローズヒップオイル:免疫力を高め色素沈着を和らげます。





ソーマオイルプレミアム さっぱりタイプ

油としての重さはもちろんありますが、既に発売されているソーマ・オイルと比べても圧倒的に軽い仕上がりになるかと思います。油を使うヘアケア、スキンケア商品としてはこれ以上軽くはできないぐらいにまでなっています。

香りは爽やかな甘めの香料をつけてあります。(香水調の香り)

使い方はソーマ・オイルと同じで効果・効能もほとんど変わらず、ソーマ・オイルよりも軽いという感じになります。




ソーマオイルで毎日の習慣が変わります

7 種の植物性天然ピュアオイルが髪やお肌の内側までしっかり浸透。シリコンと界面活性剤を使わない新感覚のベタつかない万能オイルです。


・髪がパサついてツヤがない
・髪がギシギシして硬い
・髪にハリがない
・髪を乾かすのに時間がかかる
・アイロンが手放せない
・肌の乾燥が気になる



レーヴ・エミューと一緒にお使いいただく事で一層効果を発揮できます。

ソーマオイルで髪やお肌の奥までしっかりと油分、脂質を届けて保湿。エミューでその効果を高めて、髪やお肌をより良い状態に長く保ち、紫外線から護ってくれます。





急なお出掛けにも安心!ヘアカラー数週間後の気になる白髪をカバー 

2017, 11. 19 (Sun) 22:03

皆さん、こんばんは

とうとうこちらでも雪が降ってきましたね
今朝起きたら雪が積もっていて、びっくりしました

これから本格的な冬になりますが、皆さん体調にはくれぐれも気を付けてお過ごしください



img_1_201711192155057c7.gif


早いもので今年も残すところ41日となりました。
皆さんはこれから忘年会やクリスマスパーティーなど、何かとお出掛けの機会も多くなるのではないでしょうか?

そんな時気になるのが髪の毛、特に白髪が気になりませんか?
でも染める時間がなくてどうしよう・・・とお困りの時に最適なアイテムをご紹介させていただきたいと思います



顔回りやてっぺんに白髪が多めの方にはこちらのアイテムがオススメです


スロウ ヘアカラーコンシーラー
throw_concealer.jpg
スロウ ヘアカラーコンシーラー(ライトブラウン、ブラウン)
11g / 2,800円+税


ヘアカラーをしてから数週間後くらいから気になりだす、顔周りや分け目の伸びてきた白髪を、簡単にカバーできる白髪用コンシーラー。
自然な仕上がりで、ベタつきも気にならず、シャンプーで簡単に洗い流すことができます。

まるでファンデーションのように、メイク感覚で忙しい朝や急なお出かけの際にも気軽にご使用いただけるので、次回のヘアカラーまで快適に過ごすことができます。

明るめの髪にはライトブラウン、暗めの髪にはブラウンがオススメです。




【使用方法】

1. 付属のパフにヘアカラーコンシーラーを適量取り、気になる部分に塗布します。

2. 髪の根元から毛先に向かって、軽く撫でるようになじませると自然に仕上がります。

※シャンプーで簡単に洗い流せます。



気になる方は当店に見本がございますので、お気軽にお試しください

右側がいつもハネてお困りの皆様へ・・・ 

2014, 12. 01 (Mon) 08:31

おはようございます

とうとう12月になってしまいましたね
毎年この時期になると気持ち的に焦って、やることがいっぱいで何から手を付けていいのかわからず、あ~、今日もまたできなかった・・・と後悔する日々を送っています。

今年はそうならないように頑張りたいと思います

ロゴ1



さて、今日は「いつも右側の髪の毛がハネちゃって困るの~」とお悩みの皆様へ、ハネない髪の乾かし方をご紹介したいと思います


そもそもなんでいつも右側だけハネちゃうのか
それは髪の毛の毛流のせいと、右利きの方は右側のスタイリングがやり難いせいだと思うのです


毛流のせいってどういうことと思いませんか

大体の方のつむじは時計回り(右巻き)みたいなんです
2014-12-01 09-11-42


それでつむじから毛が左に向かって流れているので、左側の髪の毛はいい感じで内巻きになり、右側の髪の毛はハネちゃうって訳なんです
2014-12-01 09-12-59 2014-12-01 09-16-39
だから全体をブワ~ッと乾かした場合、右側だけハネやすくなっちゃうんですね


それじゃ、どうしたらハネなくなるのかと言うと、シャンプーしてタオルドライした状態から、右側の毛を後ろから前に向かって根元を乾かしてください
そして親指以外の4本の指で髪の毛の根元付近を挟んで、前へ前へと引っ張りながらドライヤーの風を当てます。

根元が乾いたら、今度は表面の髪の毛を根元から毛先の方へ向かって毛を引っ張りながら内巻きになるように毛先を丸めるようにして、髪の毛と並行にドライヤーの風を当てて艶を出すようにします

これで意外と収まっているんじゃないかと思いますが・・・

文章じゃ上手く伝わらないかもしれませんので、詳しいことは御来店いただいた時にご説明させていただきますね。


正しい髪の乾かし方 

2014, 11. 12 (Wed) 08:59

おはようございます

今日はどうしても自分でスタイリングするとボサボサでまとまらない、いつもハネて困るの・・・とおっしゃる皆様に、もう一度正しいスタイリング方法を見直していただきたかったので、そのことについて書いていきたいと思います


まずは髪の正しい乾かし方です。


健やかな髪と頭皮を守るために大切なのは、髪の正しい乾かし方です。
やり方によっては傷めてしまいがちな髪の乾かし方についてご紹介します。


基本はタオルドライ

まずシャンプーの後丁寧にタオルで水分を拭き取ります。
シャンプー後の髪はとても傷みやすい状態になっているので、それをタオルでゴシゴシはタブーです
ケラチンというたんぱく質でできた髪のキューティクルはシャンプー後開いた状態になっているため、ゴシゴシすると傷つけてしまいます。

そこでロングヘアの人はタオルで頭皮の水分を拭き取り、タオルで髪を挟んでポンポンと軽く叩くようにして水分をタオルで吸い取っていきます。

ショートヘアの人はタオルで髪をぎゅっぎゅっと握るようにするといいと思います。

そしてタオルドライの後に髪に邪魔をしないスタイリング剤で髪の表面を保護してあげると、より髪はダメージから守ることができます。
因みに私のオススメはボサボサと広がってまとまらない方には無添加・ノンシリコンのソーマオイル、それからボリュームがでなくてペタっとしちゃうのがお悩みの猫っ毛さんにはDO-SのAI-MISTを使われるといい感じに仕上がってくれると思います



ドライヤーの使い方

ドライヤーを使う基本は、まずできるだけ短い時間で終わることです。
また必ず髪から10~15cm以上離して使うようにします。

乾かす際は、襟足から上へと向かって乾かします。
下の方から上へと乾かすことで髪のボリュウムをアップすることができます。
毛先を乾かすのではなく、根元の方をを乾かすように意識してください。

左手で頭をナデナデするように左右に動かしながら、右手にドライヤーを持って左手の手元に風を当てるようにしていただけると、全体がふわっと乾いていきます。

そして根元が乾いたら根元から毛先に向かって左手の親指以外の4本で髪の毛を挟んで少し引っ張って乾かします。
この時髪に対して根元から毛先へ平行に風を当てていくと髪がまとまりやすくなります。


髪の根元に水分が残っていると、雑菌が繁殖しやすくなりフケやかゆみの原因となることがあります。
なので頭皮はしっかり乾かすようにしてください。

ハンドブローの仕方

よくわからない・・・とおっしゃるお客様にはご来店の際にスタイリング方法をお教え致しますので、遠慮なくお聞きください